ハンセン病検証会議の記録 : 検証文化の定着を求めて

内田博文 著

ハンセン病問題検証会儀『最終報告書』を、検証会議起草委員会の委員長が、「要点」を整理。真実と魂の叫びを伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 熊本地裁判決
  • 第2章 検証会議の設置
  • 第3章 検証資料の収集
  • 第4章 現地検証会議
  • 第5章 国際会議の流れと日本のハンセン病政策
  • 第6章 被害実態調査
  • 第7章 患者運動の意義と限界
  • 第8章 マスメディアの対応・責任
  • 第9章 司法や法律家の責任
  • 第10章 アイスターホテル宿泊拒否問題
  • 第11章 再発防止の提言
  • 第12章 検証の成果は市民のもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハンセン病検証会議の記録 : 検証文化の定着を求めて
著作者等 内田 博文
書名ヨミ ハンセンビョウ ケンショウ カイギ ノ キロク : ケンショウ ブンカ ノ テイチャク オ モトメテ
シリーズ名 世界人権問題叢書 62
出版元 明石書店
刊行年月 2006.3
ページ数 572p
大きさ 20cm
ISBN 4750322946
NCID BA76094242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21018275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想