戦争を知らない人のための靖国問題

上坂冬子 著

戦中と占領下の苦難を知らずして、靖国参拝の是非を軽々しく判断できるのか?無知と偏向を排し、先人への敬意と明快まっしぐらな議論で国内国外を説き伏せる決定版・靖国。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 靖国神社は日本人にとってどんな存在だったか
  • 敗戦で立場を失う
  • 日本は加害者か
  • 東京裁判とA級戦犯
  • 無知がまかり通っている
  • 裁いた側の異色
  • 裁かれた側の異色
  • 戦犯問題、ここがポイント
  • 日本から戦犯が消えた日
  • 近隣諸国の感情か、内政干渉か
  • 靖国神社はいまのままで存続可能か
  • 靖国問題決着のために
  • 論拠のはっきりした政府声明を

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争を知らない人のための靖国問題
著作者等 上坂 冬子
書名ヨミ センソウ オ シラナイ ヒト ノ タメノ ヤスクニ モンダイ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2006.3
ページ数 186p
大きさ 18cm
ISBN 4166604988
NCID BA76090285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21007647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想