学生と読む『三四郎』

石原千秋 著

ある私大の新学期、文芸学部教授の授業「近代国文学演習1」に十七人の学生が集まった。「いまどきの大学生」が漱石の『三四郎』を教科書にして、講義の受け方、文章の書き方、テーマの絞り方、資料の収集など文学研究の基本を一から学んでいく。実際に提出されたレポートと辛口の採点結果を交えながら、テクスト論の実践が理解できてしまう一年間の"物語"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 今年も新学期が始まった
  • 第2章 国文学科のカリキュラム
  • 第3章 最初の授業で申し渡すこと
  • 第4章 まず文章を書く練習からはじめる
  • 第5章 大学生が読む『三四郎』
  • 第6章 夏休みには書店を回ろう
  • 第7章 学生たちの秋
  • 第8章 学生たちの『三四郎』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学生と読む『三四郎』
著作者等 石原 千秋
書名ヨミ ガクセイ ト ヨム サンシロウ
書名別名 Gakusei to yomu sanshiro
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2006.3
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 4106035618
NCID BA76078257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21006989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想