第一次大戦とイギリス文学 : ヒロイズムの喪失

清水一嘉, 鈴木俊次 編

戦争が文学と文学者に何を与えたか!ヴィクトリアニズムからモダニズムへ。その結び目に位置する大戦のもつ意味は歴史的・文化的に極めて大きい。それを読み解くことによって現代という時代が新たな相貌を帯びて見えてくる。そこに生きた作家と作品、文化の諸相に光を当てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 第一次大戦とブルームズベリー・グループ-ウルフ、ラッセル、ロレンスを中心に
  • 第2章 戦争の観念史-エドワード朝作家からウィンダム・ルイスとD.H.ロレンスまで
  • 第3章 第一次大戦とD・H・ロレンス-男同士の絆と帰還兵の問題を中心に
  • 第4章 第一次大戦と女性文学
  • 第5章 第一次大戦と出版
  • 第6章 戦争詩再考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第一次大戦とイギリス文学 : ヒロイズムの喪失
著作者等 清水 一嘉
鈴木 俊次
書名ヨミ ダイ イチジ タイセン ト イギリス ブンガク : ヒロイズム ノ ソウシツ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2006.3
ページ数 15, 228p
大きさ 19cm
ISBN 4790711781
NCID BA76061684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21010682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想