性と生殖の女性学

鎌田明子 著

「女として生きる」とはどういうことか。性と生殖において「女として生きる」ことの諸相-文学・映画を素材に、女から女へ伝えたい思い・学ぶべき叡智を汲み取る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生殖(女性の生物学的特性を再認識する
  • 妊娠と中絶
  • 国家の介入
  • 未来の社会)
  • 2 性(女性の性に加えられる攻撃の諸相-レイプ(強姦)
  • 戦争
  • 女性の性の管理)
  • 3 女性のセクシュアリティ観の探求と創造(「セクシュアリティ」とは何か
  • 自らの性(セクシュアリティ)を生きる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性と生殖の女性学
著作者等 鎌田 明子
書名ヨミ セイ ト セイショク ノ ジョセイガク
書名別名 Sei to seishoku no joseigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2006.3
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 4790711722
NCID BA76061607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21010681
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想