日本国憲法第9条成立の思想的淵源の研究 : 「戦争非合法化」論と日本国憲法の平和主義

河上暁弘 著

[目次]

  • 第1部 日本国憲法第9条成立の思想的背景-日本国憲法第9条成立の「思想的淵源」導出のための予備的考察(世界史の中の平和思想
  • 日本近代思想のレベル(国権と民権)
  • 日本国憲法の平和主義条項制定当事者の思想 ほか)
  • 第2部 「戦争非合法化(outlawry of war)」の理論と歴史的位置(戦争違法化の先駆と不戦条約
  • 「戦争非合法化(outlawry of war)」構想成立の背景
  • 「戦争非合法化」論と戦争 ほか)
  • 第3部 「戦争非合法化」論と日本国憲法第9条(不戦条約と「戦争非合法化」運動
  • 憲法9条の起草当事者(幣原・マッカーサー)への影響
  • 「戦争非合法化」論と日本国憲法第9条の平和主義)
  • 結語 検討内容及び結論と今後の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本国憲法第9条成立の思想的淵源の研究 : 「戦争非合法化」論と日本国憲法の平和主義
著作者等 河上 暁弘
書名ヨミ ニホンコク ケンポウ ダイ 9ジョウ セイリツ ノ シソウテキ エンゲン ノ ケンキュウ : センソウ ヒゴウホウカ ロン ト ニホンコク ケンポウ ノ ヘイワ シュギ
書名別名 Nihonkoku kenpo dai 9jo seiritsu no shisoteki engen no kenkyu
出版元 専修大学出版局
刊行年月 2006.2
ページ数 416p
大きさ 22cm
ISBN 4881251686
NCID BA76056254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21001505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想