こんにゃくの中の日本史

武内孝夫 著

松尾芭蕉に愛され、アメリカが恐れた「風船爆弾」を生み、ペニシリンの国産を助け、昭和天皇にも一日置かれた-その軟体には日本史の激動が刻まれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 こんにゃくの神様
  • 第2章 維新とこんにゃく
  • 第3章 南牧村こんにゃく記
  • 第4章 戦争とこんにゃく
  • 第5章 こんにゃくの王国
  • 第6章 こんにゃくの行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こんにゃくの中の日本史
著作者等 武内 孝夫
書名ヨミ コンニャク ノ ナカ ノ ニホンシ
書名別名 Konnyaku no naka no nihonshi
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2006.3
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4061498339
NCID BA76052253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21006210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想