オーストリア=ハンガリーとバルカン戦争 : 第一次世界大戦への道

馬場優 著

1914年7月、オーストリア=ハンガリー(ハプスブルク帝国)のセルビアへの宣戦布告によって、第一次世界大戦の火ぶたが切って落とされた。戦渦は瞬く間に広がり、ヨーロッパのほとんどの国家、さらにはアメリカ、日本などを巻き込んで「世界戦争」へと発展していった。この戦争の直接的な原因はサラエヴォ事件であったが、なぜオーストリア=ハンガリーは軍事的手段に訴えたのであろうか。本書は各国の外交書や膨大な未公刊一次資料を駆使して、二度のバルカン戦争を経たオーストリア=ハンガリーが諸「大国」との協調路線から軍事力依存の外交政策へと転じてゆく過程を、世界の火薬庫といわれたバルカン半島の歴史的背景を踏まえながら詳細に描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 第一次世界大戦、バルカン戦争、ハプスブルク帝国
  • 第1章 ハプスブルク帝国の政治制度とバルカン政策(一八六六〜一九一二年)
  • 第2章 第一次バルカン戦争とセルビアのアドリア海進出問題
  • 第3章 モンテネグロとアルバニア北部
  • 第4章 ブルガリア=ルーマニア間の国境線問題-第二次バルカン戦争前史
  • 第5章 バルカン同盟の崩壊-反ブルガリア同盟の成立
  • 第6章 第二次バルカン戦争
  • 第7章 ハプスブルク帝国対セルビア-一九一三年「一〇月危機」
  • 終章 第一次世界大戦への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーストリア=ハンガリーとバルカン戦争 : 第一次世界大戦への道
著作者等 馬場 優
書名ヨミ オーストリア = ハンガリー ト バルカン センソウ : ダイ イチジ セカイ タイセン エノ ミチ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2006.2
ページ数 344, 39p
大きさ 22cm
ISBN 4588625152
NCID BA76024112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21012431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想