バロック音楽

皆川達夫 著

名曲の数々、音楽の花園、実り豊かなバロックの世界。装飾的で即興性を重視、ドラマの原理が支配する宇宙。モンテヴェルディのオペラ、ヴィヴァルディのソナタ、クープランのクラヴサン曲、バッハのカンタータ。華やかな宮廷舞曲や多様な世俗器楽や厳かな宗教音楽。音楽ファンを虜にするバロック音楽とはどんなものか。その特徴と魅力をあまさず綴る古楽への本格的な案内書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • バロック音楽との出会い
  • 1 ヨーロッパ音楽の流れ
  • 2 バロック音楽の魅力
  • 3 楽器が語るバロック音楽
  • 4 オペラと宗教音楽-イタリアの音楽音楽
  • 5 新しい様式を求めて-イタリアの器楽音楽
  • 6 優雅な宮廷音楽-フランス
  • 7 革命と音楽の運命-イギリス・スペイン
  • 8 「音楽の国」の誕生-ドイツ
  • 9 バロック音楽の大成-バッハとヘンデル
  • バロック音楽と日本人-結び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バロック音楽
著作者等 皆川 達夫
書名ヨミ バロック オンガク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.3
ページ数 345p
大きさ 15cm
ISBN 4061597523
NCID BA75995513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20998109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想