「企業の社会的責任論」の形成と展開

松野弘, 堀越芳昭, 合力知工 編著

[目次]

  • 第1部 基礎編(転換期の「企業の社会的責任論」と企業の"社会性"への今日的位置
  • 日本における経営理念の変遷と「企業の社会的責任」概念の質的転換
  • 日本における企業の社会的責任論の生成と展開
  • アメリカにおける企業の社会的責任論の生成と展開)
  • 第2部 研究編(企業の社会的責任論への企業倫理論的アプローチ
  • 企業の社会的責任論へのステイクホールダー論的アプローチ
  • 企業の社会的責任論へのCSP論的アプローチ-その役割と展開の方向性
  • 企業の社会的責任論へのコーポレート・ガバナンス論的アプローチ ほか)
  • 「企業の社会的責任論」の役割と今後の方向性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「企業の社会的責任論」の形成と展開
著作者等 合力 知工
堀越 芳昭
大島 正克
小山 嚴也
松野 弘
横山 恵子
樽見 弘紀
津田 秀和
谷口 勇仁
高岡 伸行
書名ヨミ キギョウ ノ シャカイテキ セキニンロン ノ ケイセイ ト テンカイ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.2
ページ数 390p
大きさ 21cm
ISBN 4623045854
NCID BA75981778
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20998539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想