西洋菓子彷徨始末 : 洋菓子の日本史

吉田菊次郎 著

鉄砲とともに伝来したカステラ、コンペイトウ。明治開化期、鹿鳴館の夜会を飾った西洋菓子。さらに日本人向きに進化をとげた大正昭和の洋菓子。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • お菓子の神様
  • 日本のお菓子の独り立ち
  • 甘いものはうまいもの
  • 真打ち遍歴
  • 西洋菓子事始め
  • 南蛮紅毛異文化紀聞
  • 最もトレンディーだった男たち
  • それでも私はローマを見た!
  • 禁教令・鎖国令下の甘き葛藤
  • 南蛮菓子独案内〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋菓子彷徨始末 : 洋菓子の日本史
著作者等 吉田 菊次郎
書名ヨミ セイヨウ ガシ ホウコウ シマツ : ヨウガシ ノ ニホンシ
出版元 朝文社
刊行年月 2006.2
版表示 増補改訂版.
ページ数 383p
大きさ 22cm
ISBN 4886951821
NCID BA75948240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21086566
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想