学徒兵の精神誌 : 「与えられた死」と「生」の探求

大貫恵美子 著

敗色次第に濃厚な一九四三年一〇月、大学生・高専生にたいする徴兵猶予が停止された。学徒出陣の始まりである。続々と死地に送り出された彼らは、この理不尽な戦争での死を受け入れることに苦悶し、厖大な手記を残した。自らの死に納得するために彼らがはらった超人的な努力の悲劇と逆説を、著者はそれらの手記の中に克明に追跡する。前著『ねじ曲げられた桜』で出会った特攻隊員たちへの限りない哀悼の念が、著者に本書を構想させた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 佐々木八郎-何が愛国だ?何が祖国だ?
  • 第2章 林尹夫-亡び残るものなにもなし
  • 第3章 宅島徳光-冷酷な一つの意志に支配されて
  • 第4章 松永茂雄・松永龍樹-強烈無残な意志の力
  • 第5章 林市造-死はわたしにさだめられている
  • 第6章 中尾武徳-俺は空しく死して行くべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学徒兵の精神誌 : 「与えられた死」と「生」の探求
著作者等 大貫 恵美子
書名ヨミ ガクトヘイ ノ セイシンシ : アタエラレタ シ ト セイ ノ タンキュウ
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.2
ページ数 332, 6p
大きさ 20cm
ISBN 400022462X
NCID BA75938236
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20997703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想