生命科学の歴史 : イデオロギーと合理性

ジョルジュ・カンギレム 著 ; 杉山吉弘 訳

18世紀から現代に至る認識論的な生命科学史。バシュラール以降のフランス認識論の基本思想に批判的に依拠し、「科学的イデオロギー」を本質的な概念装置として思考を展開させつつ、近現代の生命科学史の紆余曲折した道のりを、その歴史的奥行きとともに辿り直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説 現代の科学史叙述法における認識論の役割
  • 第1部 十九世紀における科学的および医学的イデオロギー(科学的イデオロギーとは何か
  • ある典型的な医学的イデオロギー、ブラウンの体系
  • 十九世紀における「医学理論」終焉への細菌学の効果)
  • 第2部 十九世紀と二十世紀における生物学的合理性の征服(十八世紀と十九世紀における生物学的調節概念の形成
  • チャールズ・ダーウィン以来の生命科学史について
  • 生物学的思考の歴史における規範性の問題)
  • 補遺 本選集にまとめられた諸研究の出典一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命科学の歴史 : イデオロギーと合理性
著作者等 Canguilhem, Georges
杉山 吉弘
カンギレム ジョルジュ
書名ヨミ セイメイ カガク ノ レキシ : イデオロギー ト ゴウリセイ
書名別名 Ideologie et rationalite dans l'histoire des sciences de la vie. (増補改訂版)

Seimei kagaku no rekishi
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 839
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2006.3
ページ数 228, 20p
大きさ 20cm
ISBN 4588008390
NCID BA75930405
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21005641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想