母の声、川の匂い : ある幼時と未生以前をめぐる断想

川田順造 著

灼熱のアフリカのドラムが甦らせた江戸木遣り、姉に長唄をさらう母の声、寡黙な父の後ろ姿…。江戸東京の地下水脈のうちにたどる文化人類学者の自分史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-自分史、そして地霊
  • 母の声、川の匂い-ある幼時と未生以前をめぐる断想
  • 下町
  • 風の記憶
  • すみだ川-梅若幻想を育んだものは何か
  • 終章 父の手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母の声、川の匂い : ある幼時と未生以前をめぐる断想
著作者等 川田 順造
書名ヨミ ハハ ノ コエ カワ ノ ニオイ : アル ヨウジ ト ミショウ イゼン オ メグル ダンソウ
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.1
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 448085598X
NCID BA75912221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20994914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想