マルクス再生産論と信用理論

伊藤武 著

現代信用論の諸説批判とマルクスの資本論準備草稿の綿密な検討を通じて、再生産論を基礎としたマルクス信用論の理論構造を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 内生的貨幣供給論をめぐって(「新しい」金融論とは何か
  • 信用創造と通貨供給
  • いわゆる「内生的貨幣供給論」について
  • 金本位制ヴェール論の検討)
  • 第2部 再生産論と信用論(『資本論』第二部第一稿の再生産論
  • 可変資本と労賃
  • 再生産論と信用論
  • 現実資本の蓄積と貨幣資本の蓄積
  • 貨幣と貨幣資本
  • 再生産論と恐慌論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクス再生産論と信用理論
著作者等 伊藤 武
書名ヨミ マルクス サイセイサン ロン ト シンヨウ リロン
シリーズ名 資本論 第51冊
大阪経済大学研究叢書 第51冊
出版元 大月書店
刊行年月 2006.2
ページ数 314p
大きさ 22cm
ISBN 4272111124
NCID BA75899495
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20996944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想