文明の交流史観 : 日本文明のなかの世界文明

小林道憲 著

世界史形成に遊牧民や交易民や海洋民が果たした役割を大きく評価し、人類の文明史を文明交流圏中心に描き、世界史を、陸にも海にも張り巡らされた交流網の発展史としてとらえる試み。あわせて、日本文明を、地球全体に展開されてきた様々な文明交流圏の結節点として眺め、そのことによって、日本文明の世界史的位置を確かめようとしている。中心文明や周辺文明中心に記述されてきた今までの世界史を反転し、文明と文明の"間"に注目して、それらを結ぶ役割を果たす"媒体文明"という新しい概念を提出。文明を、相互作用から自己形成する複雑系の一つとして理解し、人類の歴史とは何だったのかを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文明の生態史観批判
  • 2 草原の道文明交流圏
  • 3 オアシス路文明交流圏
  • 4 地中海文明交流圏
  • 5 インド洋文明交流圏
  • 6 東アジア海域文明交流圏
  • 7 大西洋文明交流圏と太平洋文明交流圏
  • 8 複雑系としての文明

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明の交流史観 : 日本文明のなかの世界文明
著作者等 小林 道憲
書名ヨミ ブンメイ ノ コウリュウ シカン : ニホン ブンメイ ノ ナカ ノ セカイ ブンメイ
シリーズ名 Minerva歴史・文化ライブラリー 8
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.2
ページ数 342p
大きさ 20cm
ISBN 4623045137
NCID BA75891733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20994575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想