わくわくする大科学の創造主

山根一眞 著

「見えるはずの星が狙った場所に見えない!?」-。世界最大の反射望遠鏡「すばる」が完成、最初のテストが行われた一九九八年のクリスマスイブの日、天文学者もメタルカラーたちも冷や汗をかいた。ハワイ島マウナケア山頂に完成した「すばる」は、過去最大の反射望遠鏡の、約三倍の集光力を持つ。それなのになぜ…。原因が判明した。天体座標の基準としてとらえた北極星が、実は別の星だったのだ。想像を超える明るさで暗い星を映し出したため起きた、「すばる」の超集光能力ゆえのミスだった。わくわくする大科学の現場を丹念に歩き、じっくり聞き続けた興奮と感動の対談十五本を収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 4200メートル山頂に世界最大"すばる望遠鏡"を建造-国立天文台
  • "反射鏡の凹凸"を2万分の1ミリに保つ「すばる」の大秘密-三菱電機
  • 大主鏡に施した「すばる」の世界一大変な"人力そうじ"-国立天文台
  • "初の星の光"が「すばる」に入った日の予想外の事件-三菱ヒロ望遠鏡プロジェクト
  • 1億画素デジカメ相当の「すばる」超絶"データ処理"-国立天文台
  • 「山頂に天文台を」という"日系人の夢"と「すばる」-アキヤマ・ミツオ
  • 時速360キロで地下710メートルへ"無重力実験施設"-地下無重力実験センター
  • 地下突進カプセルを停止"エアーダンピング・ブレーキ"-三井造船
  • 砂時計の砂が宙で停止する"地下なる宇宙開発"-石川島播磨重工業(IHI)
  • 猛落下カプセル完全生中継"光通信システム"-東芝
  • 世界一美しい炎の"燃焼メカニズム実験"秘話-北海道大学
  • 平和実現と新考古学の"衛星画像解析"-東海大学情報技術センター
  • 日米合作"熱帯降雨観測衛星"が異常気象を解明-TRMMプロジェクト
  • 5×20キロ"宇宙太陽光発電所"建造の大構想-京都大学
  • ハイジャック事件で話題"超高感度TVカメラ"と深海-NHK放送技術研究所

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わくわくする大科学の創造主
著作者等 山根 一真
書名ヨミ ワクワクスル ダイカガク ノ ソウゾウシュ
書名別名 Wakuwakusuru daikagaku no sozoshu
シリーズ名 メタルカラーの時代 : 文庫版 11
小学館文庫 11
出版元 小学館
刊行年月 2005.10
ページ数 313p
大きさ 15cm
ISBN 409408052X
NCID BA7587584X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20868007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想