近代フランスの歴史 : 国民国家形成の彼方に

谷川稔, 渡辺和行 編著

良きにつけ悪しきにつけ、フランスは西洋文明の主流を担ってきた。だが、「人権の国」を標榜するこの国でも、今やイスラーム教徒との共生をめぐって政教分離という共和国の根本原則が問われている。本書は、近代フランスの国家形成がはらむこのような諸問題を、さまざまな角度からとらえ直し、未来に向けて再考しようとする試みである。政治社会史的な通史(第1部)と、個別テーマに焦点をしぼった問題史的通史(第2部)という二部構成をとった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「近代フランスの歴史」が投げかけるもの
  • 第1部 国民国家の成立と展開("アンシアン・レジーム"のフランスとヨーロッパ
  • フランス革命とナポレオン帝政
  • カトリック王政からブルジョワ王政へ
  • 社会共和国の夢から産業帝政へ
  • 対独敗戦から急進共和国へ ほか)
  • 第2部 もうひとつの近代フランス(女・男・子どもの関係史
  • 植民地帝国フランス
  • 移民と外国人のフランス
  • フランス「国民経済」の発展と変容)
  • 二一世紀のフランス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代フランスの歴史 : 国民国家形成の彼方に
著作者等 中山 洋平
中島 俊克
平野 千果子
渡辺 和行
谷川 稔
長井 伸仁
長谷川 まゆ帆
高澤 紀恵
上垣 豊
書名ヨミ キンダイ フランス ノ レキシ : コクミン コッカ ケイセイ ノ カナタ ニ
書名別名 フランス近代史
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.2
ページ数 366, 9p
大きさ 21cm
ISBN 4623044955
NCID BA75870562
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20998188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想