観光のための環境景観学 : 真のグリーン・ツーリズムにむけて

横山秀司 編

1990年代から今日まで、筆者はドイツやオーストリアの田園地方やアルプス地方を訪れる機会が何度かあった。調和のとれた美しい伝統的町並み、自然再生された田園景観、アルプスの美しい山岳景観に魅了されて、それを景観生態学や観光地理学の視点から研究対象としてきた。そして、この10数年間、ヨーロッパおよびわが国の観光地の環境と景観に関する研究報告を行ってきた。それらをまとめたものが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヨーロッパの観光と環境(マス・ツーリズムの発達と環境問題
  • ルーラル・ツーリズムとグリーン・ツーリズム ほか)
  • 第2章 日本の観光と環境(戦後の観光地開発と環境問題
  • わが国におけるグリーン・ツーリズムの検討-わが国のグリーン・ツーリズムはグリーンか)
  • 第3章 観光地と景観(観光地景観論について
  • 地域の景観活用と観光振興 ほか)
  • 第4章 保養地の景観形成と景観保全(ドイツにおける農地整備と保養地形成-バイエルン州・アプスベルク村を例に
  • オーストリアのティロール州における「静かな保養地域」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観光のための環境景観学 : 真のグリーン・ツーリズムにむけて
著作者等 横山 秀司
書名ヨミ カンコウ ノ タメノ カンキョウ ケイカンガク : シン ノ グリーン ツーリズム ニ ムケテ
出版元 古今書院
刊行年月 2006.3
ページ数 164p
大きさ 21cm
ISBN 4772230521
NCID BA75830987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21002177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想