非行精神医学

奥村雄介, 野村俊明 著

今日的な青少年の問題行動への精神医学的アプローチ。行為障害、ADHD、薬物乱用、不登校、引きこもり、家庭内暴力など50例を超える事例を掲載。精神科医・心理士はもちろん、教育・司法関係者にも好適の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 青少年の問題行動と精神医学(反社会的行動
  • 非社会的行動と自己破壊的行動)
  • 第2部 精神障害と少年非行(心因性精神障害
  • 内因性精神障害
  • 薬物乱用と薬物起因性精神障害
  • 器質性精神障害・症状性精神障害
  • 発達障害と行動障害)
  • 第3部 治療と矯正教育(保護観察制度とは
  • 触法事例の施設治療
  • 社会での治療・教育の基本
  • 家族への対応)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非行精神医学
著作者等 奥村 雄介
野村 俊明
書名ヨミ ヒコウ セイシン イガク : セイショウネン ノ モンダイ コウドウ エノ ジッセンテキ アプローチ
書名別名 青少年の問題行動への実践的アプローチ
出版元 医学書院
刊行年月 2006.2
版表示 第1版
ページ数 189p
大きさ 21cm
ISBN 4260000810
NCID BA75813117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20998782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想