Democracy and mass society : a Japanese debate

by Ryusaku Yamada

[目次]

  • 1 Theory and History(Introduction:The Understanding of Mass Democracy in Japan
  • European and American Theories of Mass Society
  • The Historical and Intellectual Context of Post‐war Japan)
  • 2 The "Debate on Mass Society"(Keiichi Matsushita's Theory of Mass Society
  • The "Debate"
  • After the "Debate":Mass or Citizen?)
  • 3 Summary and Assessment(Evaluation of Matsushita's Mass Society Theory in Relation to Contemporary Democratic Theory)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Democracy and mass society : a Japanese debate
著作者等 山田 竜作
書名別名 デモクラシーと大衆社会
シリーズ名 学術叢書
出版元 Gakujyutsu Shuppankai : 日本図書センター
刊行年月 2006.2
ページ数 444 p.
大きさ 22 cm
ISBN 4820521004
NCID BA75808809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20986511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想