英語はアジアを結ぶ

本名信行 著

現代の英語は多国間、多文化間交流を可能にする言語であり、自分の文化を表現する言語である。インド人、タイ人、あるいはインドシナの人々は合掌しながら、英語であいさつするのだ。本書はアジア諸国の人々が英語をどのように使っているかを見ながら、私たちの英語観のオプションを広げようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 英語の国際化と多様化-アジアの観点から(英語の普及と変容
  • 「世界諸英語」という考え方 ほか)
  • 第2章 アジア英語のいろいろ(インドの英語
  • タイの英語 ほか)
  • 第3章 日本人の英語-異文化間理解とコミュニケーションのために(日本人の非現実的な英語教育(学習)モデル
  • 現実的な英語教育(学習)モデル ほか)
  • 第4章 日本人とアメリカ英語(ダイナミックなアメリカ英語
  • 自己の鏡としてのアメリカ英語 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語はアジアを結ぶ
著作者等 本名 信行
書名ヨミ エイゴ ワ アジア オ ムスブ
書名別名 Eigo wa ajia o musubu
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 2006.3
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4472302926
NCID BA7580261X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20994906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想