飢饉と救済の社会史

高橋孝助 著

華北5省を襲った「丁戊奇荒」、その凄まじい実相と官民あげての救済活動を、農民の視線で描く異色の社会史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 〓(とう)拓『中国救荒史』をめぐって
  • 第1章 大旱魃の襲来
  • 第2章 江南と難民
  • 第3章 慈善活動と飢饉救済
  • 第4章 「荒政」の論理と方法-山西の場合
  • 第5章 山東における留養局・撫教局と「贖田」論議
  • 第6章 河南における「代贖局」
  • 終章 黄土高原の近代-山西を例として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 飢饉と救済の社会史
著作者等 高橋 孝助
書名ヨミ キキン ト キュウサイ ノ シャカイシ
シリーズ名 シリーズ中国にとっての20世紀
出版元 青木書店
刊行年月 2006.2
ページ数 322, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4250206033
NCID BA75742460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21043594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想