方言が明かす日本語の歴史

小林隆 著

文献を通して見る日本語は、みやこの知識人たちのことば遣い。民衆が同じように話していたわけではないし、各地のことばが同じ歴史をたどったわけでもない。文献が覆い隠した民衆のことばを掘り起こし、独自の変化を遂げた中央語の系譜を探り当てる。-方言の視点から描く新しい日本語の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本語史の"当たり前"
  • 2 常識から抜け出す方法
  • 3 「こま」の常識
  • 4 「くすりゆび」は書き間違い?
  • 5 「おととい」の衝突
  • 6 生きている「こそ」係り結び
  • 7 東北方言「さ」の源流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 方言が明かす日本語の歴史
著作者等 小林 隆
書名ヨミ ホウゲン ガ アカス ニホンゴ ノ レキシ
シリーズ名 もっと知りたい!日本語
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.2
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 4000068385
NCID BA75705781
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20997490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想