桂太郎

宇野俊一 著

明治時代の軍人政治家。長州藩士を率い、戊辰戦争で転戦。維新後、ドイツで軍事学を修め、陸軍の草創に貢献する。元老山県有朋の後継者として三度にわたり内閣を組織し、桂園時代を築く。日露戦争や条約改正など対外問題を処理する一方、大逆事件の対応などに苦慮した。やがて閥族政治の限界を悟り、その脱却を試みつつも挫折した波瀾の生涯に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 出生からドイツ留学へ
  • 第2 陸軍主流への階梯
  • 第3 軍人政治家としての手腕
  • 第4 第一次桂内閣の成立と日露戦争
  • 第5 戦後経営と第二次桂内閣
  • 第6 深刻なる妥協
  • 第7 跳躍の試みと挫折

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桂太郎
著作者等 宇野 俊一
書名ヨミ カツラ タロウ
書名別名 Katsura taro
シリーズ名 人物叢書 : 新装版 / 日本歴史学会 編
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.3
版表示 新装版
ページ数 300p
大きさ 19cm
ISBN 4642052348
NCID BA75690469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20990085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想