戸籍と人権

二宮周平 著

[目次]

  • 1 戸籍の不思議(なぜ戸籍が必要なのか
  • 戸籍の仕組みとその不思議さ ほか)
  • 2 戸籍制度の成り立ち(国民の現況調査としての戸籍
  • 現況主義から身分登録型へ ほか)
  • 3 個人の尊重と戸籍のあり方(戦後改革の限界
  • 身分登録・公証制度としての戸籍のあり方 ほか)
  • 4 戸籍と自己情報の管理(戸籍からわかる情報
  • 公開の原則の成立とその制限 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戸籍と人権
著作者等 二宮 周平
書名ヨミ コセキ ト ジンケン
書名別名 Koseki to jinken
シリーズ名 Human rights basic
ヒューマンライツベーシック
出版元 部落解放・人権研究所 : 解放出版社
刊行年月 2006.2
版表示 新版.
ページ数 106p
大きさ 21cm
ISBN 475928401X
NCID BA75683204
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21010430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想