庭園の中世史 : 足利義政と東山山荘

飛田範夫 著

中世びとが追い求めた理想郷=庭園。足利義政が現実の政治から逃れて造った東山山荘(銀閣寺)、そのモデル西芳寺(苔寺)をはじめ代表的な庭園をわかり易く解説。河原者の活躍、名園の木石略奪などのエピソード満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 義政がつくったユートピア-プロローグ
  • 山荘への憧れ
  • 義政の理想の山荘
  • 東山山荘の造営
  • 山荘造営の方法
  • 中世庭園とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 庭園の中世史 : 足利義政と東山山荘
著作者等 飛田 範夫
書名ヨミ テイエン ノ チュウセイシ : アシカガ ヨシマサ ト ヒガシヤマ サンソウ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 209
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.3
ページ数 209p
大きさ 19cm
ISBN 4642056092
NCID BA75677700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20993330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想