数え方の日本史

三保忠夫 著

一匹、一双、一振…。日本人は物をどう数えてきたのか。中国の史書や正倉院文書に源流を探り、数え方の作法、方言など、日本独特の表現法を育んだ歴史を現代までたどる。数の世界を分かりやすく説いた"数え方事典"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 数える-プロローグ
  • 数え方の伝来(ものの数え方
  • 中国からきた助数詞 ほか)
  • 数えることの歴史(作られる助数詞
  • 中世-文書語としての助数詞 ほか)
  • 注意される数え方(イカ一盃とウサギ一耳)
  • 助数詞の現在と将来(実生活の中の単位-助数詞の意義
  • 助数詞の将来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数え方の日本史
著作者等 三保 忠夫
書名ヨミ カゾエカタ ノ ニホンシ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 210
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.3
ページ数 217p
大きさ 19cm
ISBN 4642056106
NCID BA75677380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20993329
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想