回想の人びと

鶴見俊輔 著

安田武、谷川雁、武谷三男、長井勝一、秋山清、加太こうじ、富士正晴、金達寿、ロナルド・ドーアなど、哲学者である著者が出会った23人をめぐる回想録。評論家や作家、漫画編集者、詩人など同時代を生き、著者に影響を与えた人びととの対話でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 安田武(1922〜1986)-戦争体験の継承とくらしの型
  • 谷川雁(1923〜1995)-「北がなければ日本は三角」
  • 武谷三男(1911〜2000)-「完全無欠の国体観」にひとり対する
  • 長井勝一(1921〜1996)-マンガ雑誌『ガロ』をおこした編集者
  • 秋山清(1905〜1988)-自分の経験をくりかえし吟味する
  • 加太こうじ(1918〜1998)-『黄金バット』の"生きている江戸"
  • 葦津珍彦(1909〜1992)-日本民族を深く愛した人
  • 富士正晴(1913〜1987)-かざりのない二つの原則
  • 金達寿(1919〜1997)-祖国分断と差別から生まれた日本語文学
  • 黒田三郎(1919〜1980)-薩摩士族の羞恥心を受け継いだ詩人〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 回想の人びと
著作者等 鶴見 俊輔
書名ヨミ カイソウ ノ ヒトビト
書名別名 Kaiso no hitobito
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.2
ページ数 305p
大きさ 15cm
ISBN 4480421831
NCID BA75651580
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21013323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想