企業結合会計の知識

関根愛子 著

2006年4月より本格適用される企業結合会計について、会計基準に沿って詳述。会計処理の解説のみならず、会社経営への影響も交えて説明するので、組織再編などの経営判断にも役立ちます。「パーチェス法を使うのか、持分プーリング法を使うのか」「のれんの処理をどうするのか」など、会計処理の注目点について紙幅をさいて丁寧に解説します。企業結合会計をめぐる国際的な新しい動向についても、章を設けて取り上げました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なぜ今、企業結合会計が求められているのか(新しく導入される企業結合会計
  • 企業結合会計とは「1つの報告単位に統合する」こと ほか)
  • 2 企業結合会計のポイント(「時価」か「簿価」か
  • 「時価」(パーチェス法)と「簿価」(持分プーリング法)の判定フローチャート ほか)
  • 3 企業結合会計の実務(「取得」と「持分の結合」の基本的考え方
  • 取得の会計処理(パーチェス法) ほか)
  • 4 企業結合をめぐる国際的動向(世界にはさらなる動きが
  • のれんだけがなぜ?-全部のれんの計上 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業結合会計の知識
著作者等 関根 愛子
書名ヨミ キギョウ ケツゴウ カイケイ ノ チシキ
シリーズ名 日経文庫
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2006.2
ページ数 171p
大きさ 18cm
ISBN 4532110947
NCID BA7563146X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20991399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想