住宅ローン証券化のすべて : ローン市場と資本市場の融合

大類雄司, 格付投資情報センターSF本部 著

住宅ローンの証券化は金融機関経営や金融・資本市場をどう変えるのか。米国はじめ海外の事情も踏まえ、この分野の第一人者と格付機関のアナリストが体系的に解説。関係者必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 住宅ローンの証券化は何をもたらすか
  • 第1章 変わる住宅ローン市場
  • 第2章 証券化市場の発展と住宅ローン革命
  • 第3章 証券化と格付け分析
  • 第4章 変革期迎えた住宅ローンビジネスその戦略と課題
  • 第5章 諸外国における住宅ローンと証券化の状況
  • 補論 日本における住宅ローン市場の生成と流動化の萌芽

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 住宅ローン証券化のすべて : ローン市場と資本市場の融合
著作者等 大類 雄司
格付投資情報センター
格付投資情報センターSF本部
書名ヨミ ジュウタク ローン ショウケンカ ノ スベテ : ローン シジョウ ト シホン シジョウ ノ ユウゴウ
書名別名 Jutaku ron shokenka no subete
出版元 格付投資情報センター : 日本経済新聞社
刊行年月 2006.2
ページ数 329p
大きさ 22cm
ISBN 4532630401
NCID BA75631324
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20987127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想