研修医とっておきの話 : 大切なことはすべてこの時季に学んだ

岡田定 編

[目次]

  • 初めての死亡宣告-患者さんと家族の思いを少しでも共有したい
  • 「沖縄そばが食べたい」-子どもが最期の時間をいかに大切に過ごすか
  • 救急外来当直実況報告-胸痛をみたらまず心電図
  • 「治療」で医者と患者が目指すもの-癌の終末期の説明の難しさと重要性
  • 果たせなかったデートの約束-患者さんに癒されていることに気づいて
  • あまりにもまぶしかった笑顔-小脳腫瘍のSちゃん
  • ロドリーゴの「アランフェス」-彼へのレクイエム
  • 念願のお花見-半年ぶりに声を取り戻して
  • おもちゃのブーメラン-10歳の女の子と仲直り
  • ある日の針刺し-点滴1本、侮るべからず〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 研修医とっておきの話 : 大切なことはすべてこの時季に学んだ
著作者等 岡田 定
書名ヨミ ケンシュウイ トッテオキ ノ ハナシ : タイセツナ コト ワ スベテ コノ ジキ ニ マナンダ
書名別名 Kenshui totteoki no hanashi
出版元 三輪書店
刊行年月 2006.1
ページ数 133p
大きさ 21cm
ISBN 4895902404
NCID BA75628523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20986636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想