現代ドイツ : 統一後の知的軌跡

三島憲一 著

統一後から現在まで、ドイツを揺るがした議論とは何だったのか。東独の過去の問題、統一に伴うさまざまな困難、外国人への差別と暴力、ナショナリズムの高揚、さらにはNATOの域外派兵、アフガニスタン出兵とイラク戦争などをめぐる知識人の議論を紹介し、現代ドイツの政治と社会の諸相を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ドイツ統一-国民国家の再生?
  • 第2章 統一のきしみ
  • 第3章 ネオナチの暴力-庇護権問題
  • 第4章 中部ヨーロッパの大国?
  • 第5章 新たな国際情勢の中で
  • 第6章 過ぎ去らない過去
  • 第7章 EU統合の深化とカントの希望の再生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代ドイツ : 統一後の知的軌跡
著作者等 三島 憲一
書名ヨミ ゲンダイ ドイツ : トウイツゴ ノ チテキ キセキ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.2
ページ数 258p
大きさ 18cm
ISBN 4004309948
NCID BA75627167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20997281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想