大学改革の社会学

天野郁夫 著

近代高等教育制度の発足以来、政府・文部省の「計画と各種規制」を基軸に組み立てられてきた秩序が、一連のドラスティックな改革によって大きく揺らぎ、崩壊しつつある。それに代わる新しい秩序を、だれが、どのように作り出していくのか、大学の組織変革、選抜、教養、評価等、大学改革の様々な局面を社会学的に考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 変貌する大学像
  • 2 政策と改革の展開
  • 3 法人化と大学院改革
  • 4 教員・評価・法学教育
  • 5 学力・選抜・教養教育
  • 6 改革の周縁

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学改革の社会学
著作者等 天野 郁夫
書名ヨミ ダイガク カイカク ノ シャカイガク
書名別名 Sociology of university reform
シリーズ名 高等教育シリーズ 136
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 2006.3
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 4472403285
NCID BA75572597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20996514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想