メディアと倫理 : 画面は慈悲なき世界を救済できるか

和田伸一郎 著

画面メディアは世界からの存在論的「退きこもり」を現実化する。その行き着く先に救済は見出せるか-気鋭の俊英による新しいメディア批判のアプローチ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 絵画から「便所の落書き」へ
  • 第1章 慈悲なきメディアとしてのテレビ-なぜテレビ画面には不幸な出来事ばかりが映し出されるのか(戦争報道の画面への「無関心」
  • 残酷な映像と「お茶の間」の気楽さ
  • テレビは言語メディアである ほか)
  • 第2章 映画は見る者を救済する-なぜ映画の画面だけが人間の幸福を映し出すことができるのか(テレビ画面と映画の画面
  • 出来事の信じられる側面に光を当てること
  • "投影"="投企"としての映画、棄却としてのテレビ ほか)
  • 第3章 インターネットではなぜ人はかくも卑劣になれるのか
  • 第4章 公共空間、あるいは世界へと現れることの喜び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアと倫理 : 画面は慈悲なき世界を救済できるか
著作者等 和田 伸一郎
書名ヨミ メディア ト リンリ : ガメン ワ ジヒ ナキ セカイ オ キュウサイデキルカ
書名別名 Media and ethics

Media to rinri
シリーズ名 叢書コムニス 1
出版元 NTT
刊行年月 2006.1
ページ数 201, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4757101759
NCID BA75569184
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20975294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想