「あたりまえ」を疑う社会学 : 質的調査のセンス

好井裕明 著

数字データでは語れないさまざまな現実を、いかに取り出すか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数字でどこまで語れるか
  • 第2章 はいりこむ
  • 第3章 あるものになる
  • 第4章 聞き取る
  • 第5章 語りだす
  • 第6章 「あたりまえ」を疑う
  • 第7章 「普通であること」に居直らない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「あたりまえ」を疑う社会学 : 質的調査のセンス
著作者等 好井 裕明
書名ヨミ アタリマエ オ ウタガウ シャカイガク : シツテキ チョウサ ノ センス
書名別名 Atarimae o utagau shakaigaku
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2006.2
ページ数 259p
大きさ 18cm
ISBN 4334033431
NCID BA75560317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20989456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想