未知なるものへの生成

守永直幹 著

存在から生成へ差異から共存へ切ることから繋ぐことへ-世界思潮のただ中で生命の哲学の真価を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 持続、あるいは響鳴する宇宙(持続と生成の物理学-新しい学ベルクソニスム
  • 持続多様体への接近
  • 持続のメタモルフォーゼ)
  • 2 潜在的なものの直観(直観としての知
  • 創造の詩学-ベルクソン美学と現代芸術
  • 生命、未知なる同胞-ベルクソンの身体図式論)
  • 3 共鳴の倫理学(生命と自由
  • 笑・エロス・死-歓喜と懲罰のはざまで
  • すべての流れを今この時に-ベルクソン倫理学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未知なるものへの生成
著作者等 守永 直幹
書名ヨミ ミチナルモノ エノ セイセイ : ベルクソン セイメイ テツガク
書名別名 ベルクソン生命哲学

Michinarumono eno seisei
出版元 春秋社
刊行年月 2006.2
ページ数 403, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4393321014
NCID BA75540546
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20983919
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想