経済思想のドイツ的伝統

八木紀一郎 責任編集

特殊な道から多様性の認識へ。中欧ドイツ語圏地域における経済近代化を背景にした歴史学派、オーストリア学派、経済社会学の展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 F.リスト-温帯の大国民のための保護貿易論
  • 第2章 G.v.シュモラー-社会問題から経済社会学へ
  • 第3章 C.メンガー-精密的理論と主観主義
  • 第4章 E.v.ベーム‐バヴェルク-オーストリア学派財論および利子論再考
  • 第5章 M.ヴェーバー-宗教と経済
  • 第6章 G.ジンメル-貨幣と人間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済思想のドイツ的伝統
著作者等 八木 紀一郎
書名ヨミ ケイザイ シソウ ノ ドイツテキ デントウ
シリーズ名 経済思想 / 鈴木信雄, 塩沢由典, 八木紀一郎, 大田一廣, 大森郁夫, 坂本達哉, 吉田雅明, 橋本努 編 第7巻
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2006.2
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 4818818119
NCID BA75536061
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20994236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
C.メンガー 八木 紀一郎
E.V.ベーム-バヴェルク 塘茂樹
F.リスト 原田哲史
G.V.シュモラー 田村信一
G.ジンメル 岸川富士夫
M.ヴェーバー 小林純
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想