見えないもので宇宙を観る

小山勝二, 舞原俊憲, 中村卓史, 柴田一成 編著

プトレマイオスは肉眼で宇宙を観測していた。ガリレオは望遠鏡を利用できたが、やはり可視光が頼りであった。20世紀になって人類は「見えない電磁波・X線と赤外線」の目を手に入れ、強力なエネルギーを発する現象を理解するようになった。そして21世紀、「重力波」の目が開かれれば、初めて宇宙の大規模構造を明らかにできる。今ある謎を解き、新しい謎を見つける楽しさを知る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 X線で観た宇宙(X線と可視光で観た宇宙の違い
  • 色を見れば温度がわかる
  • X線を分析すれば元素がわかる ほか)
  • 第2章 赤外線でさぐる宇宙の始め(解明がまたれている四つの謎
  • 赤外線で宇宙を観ることの意味
  • 宇宙の構成要素と赤外線観測 ほか)
  • 第3章 重力波天文学-三つのノーベル物理学賞をめぐって(電波パルサーの発見-一九七四年度ノーベル物理学賞
  • 連星パルサーPSR1913+16-一九九三年度ノーベル物理学賞
  • 連星中性子星の合体と重力波 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見えないもので宇宙を観る
著作者等 中村 卓史
小山 勝二
柴田 一成
舞原 俊憲
書名ヨミ ミエナイ モノ デ ウチュウ オ ミル
シリーズ名 宇宙と物質の神秘に迫る 1
学術選書 1
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2006.2
ページ数 153p 図版4p
大きさ 19cm
ISBN 4876988072
NCID BA75515888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20987061
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想