科学技術の国際競争力

中山茂 著

原爆を開発したアメリカは戦後、基礎科学を振興して技術を高めようとし、一方の巨頭ソ連は核・宇宙開発に力をそそいでアメリカを出し抜くなど、冷戦下で軍事科学レースが繰り広げられた。かたや敗戦国日本は、基礎科学にはカネをかけず、80年代には生産技術で世界をリードするようになったが、同じ道を東アジア諸国に急追されている。未来を展望するため、過去から何を学ぶべきか。科学史家として世界を往来しながら分析、提言してきた著者が、20世紀後半を5期に分け、「科学技術の時代精神」を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1期 科学 果てしなきフロンティア-ブッシュ・パラダイムと戦後の再出発 一九四五〜一九五七
  • 第2期 ポストプートニク-科学技術ブームと高度成長 一九五七〜一九六八
  • 第3期 科学批判の時代と「エコロジーのイデオロギー」-一九六八〜一九七〇年代
  • 第4期 日本科学技術の名声と日米の技術摩擦-一九八〇年代
  • 第5期 ポスト冷戦と「民営化のイデオロギー」-一九九〇〜二〇〇〇年代
  • 結び 世紀転換期から未来に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学技術の国際競争力
著作者等 中山 茂
書名ヨミ カガク ギジュツ ノ コクサイ キョウソウリョク : アメリカ ト ニホン ソウコク ノ ハンセイキ
書名別名 アメリカと日本相剋の半世紀
シリーズ名 朝日選書 793
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2006.2
ページ数 269, 15p
大きさ 19cm
ISBN 402259893X
NCID BA75467162
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20989616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想