古代刀と鉄の科学

石井昌國, 佐々木稔 著

鉄器使用の開始から古墳出土の古代刀を経て、彎刀様式の日本刀に至る過程を解く。考古学・刀剣学・金属学による画期的共同研究。初版後のめざましい研究成果を「日本刀の成立過程」として増補。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1編 古代刀の変遷(鉄製品の使用
  • 古代刀と鉄器の遺跡)
  • 2編 古代の鉄と刀剣(弥生時代の鉄と利器の製作
  • 古墳時代後期に始まる鉄生産と刀剣製作への影響
  • 彎刀化の進行と素材の鋼
  • 古代末の鉄と太刀
  • 日本刀の成立過程)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代刀と鉄の科学
著作者等 佐々木 稔
石井 昌国
石井 昌國
書名ヨミ コダイトウ ト テツ ノ カガク
シリーズ名 考古学選書 39
出版元 雄山閣
刊行年月 2006.1
版表示 増補版
ページ数 251p 図版10枚
大きさ 22cm
ISBN 4639019157
NCID BA75388805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20970354
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想