数学まなびはじめ  第1集

数学のたのしみ編集部 編

『数学のたのしみ』(上野健爾・志賀浩二・砂田利一/編集)では、創刊以来、「数学まなびはじめ」という欄を設け、毎号、1人の数学者に数学者への道のりを語ってもらった。今回、この「数学まなびはじめ」の記事を2冊の単行本として刊行することになった。なお、本書には『数学のたのしみ』第1号から第16号までの記事を掲載順に収録した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特異点論事始め
  • 数学との出会い
  • 私の数学
  • 数学は楽しいか
  • 私の修業時代
  • 径路空間上の解析にたどり着くまで
  • 解析学の旅
  • いつまでもまなびはじめ
  • 小学校から大学卒業まで
  • 私の数学学び始め
  • 数学の勉強から研究へ
  • 数学との出合い
  • トポロジーと私の青春時代
  • 若い頃の思い出
  • 数学の研究を始めたころ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学まなびはじめ
著作者等 日本評論社
数学のたのしみ編集部
書名ヨミ スウガク マナビハジメ
巻冊次 第1集
出版元 日本評論社
刊行年月 2006.2
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4535785155
NCID BA75379906
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20980521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想