スモールワールド : ネットワークの構造とダイナミクス

ダンカン・ワッツ 著 ; 栗原聡, 佐藤進也, 福田健介 訳

本書は、コンピュータウイルスやAIDS、鳥インフルエンザなどの感染症の拡散問題/いかに電力線やインターネット、携帯電話など情報通信ネットワークの耐故障性を高くするか/脳神経細胞のような生体振動子の同期現象の理解/アイデアとアイデアのつながりから新たなアイデアを創出する仕組み/新しい市場経済理論/流行や社会動向の普及モデルなど。さまざまな問題にアプローチするスモールワールド現象を論じたダンカン・ワッツのオリジナルであり、その原点である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ケビン・ベーコンとスモールワールドの意外な関係
  • 第1部 ネットワークの構造(スモールワールド現象の概要
  • 広い世界と狭い世界-グラフによるモデル化
  • 解釈と考察
  • 「結局、世界は狭い」-三つの現実のグラフ)
  • 第2部 ネットワークのダイナミクス(構造化された集団での感染性疾患の拡散
  • セルオートマトンによる全体的計算
  • スモールワールドでの協調-グラフ上でのゲーム
  • 結合振動子における大域的な集団同期)
  • むすび

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スモールワールド : ネットワークの構造とダイナミクス
著作者等 Watts, Duncan J
佐藤 進也
栗原 聡
福田 健介
ワッツ ダンカン
書名ヨミ スモール ワールド : ネットワーク ノ コウゾウ ト ダイナミクス
書名別名 Small worlds

Sumoru warudo
出版元 東京電機大学出版局
刊行年月 2006.1
ページ数 314p
大きさ 22cm
ISBN 4501540702
NCID BA75373794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21008121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想