日本軍事史

高橋典幸, 山田邦明, 保谷徹, 一ノ瀬俊也 著

古代から現代まで、戦争のあり方や戦争をささえたシステムを明らかにする通史。戦争遂行のための"人と物"の調達をキーワードに、軍事に関する制度と、軍隊と社会の関係を多くの写真や絵画とともにビジュアルに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代・中世(戦争の始まり-弥生時代から古墳時代
  • 「東夷の小帝国」の軍隊-奈良時代から平安時代初期 ほか)
  • 戦国時代(戦国動乱の展開
  • 臨戦体制の確立 ほか)
  • 近世(戦乱の終結と幕藩体制の確立-十七‐十八世紀
  • 北方紛争と海防体制-十八世紀末‐十九世紀初期 ほか)
  • 近代(外征軍隊としての「国民軍」建設-一八七二-一八九四
  • 日清・日露戦争-一八九四‐一九〇五 ほか)
  • 戦後(冷戦下の再軍備-敗戦‐一九七〇年代
  • 対米追従か、国際貢献か-一九八〇年代‐現在)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本軍事史
著作者等 一ノ瀬 俊也
保谷 徹
山田 邦明
高橋 典幸
書名ヨミ ニホン グンジシ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.2
ページ数 430, 18p
大きさ 20cm
ISBN 464207953X
NCID BA75373273
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20981413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想