海の十字路の交流誌 : 欧米に翻弄された東南アジア

矢延洋泰 著

多民族が織り成す「混じり合い」の社会の文化・歴史を知り、日本の国際化を成長させるための基礎知識を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 海港植民地の建設と経営
  • 2 どんな船がやって来た-交易の主役たち
  • 3 オーバーシーズ・チャイニーズの人びと
  • 4 植民地支配のかたち
  • 5 戦略的植物資源になった「ゴム」
  • 6 民族文化の伝統
  • 7 重層信仰の世界
  • 8 日本の進出

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海の十字路の交流誌 : 欧米に翻弄された東南アジア
著作者等 矢延 洋泰
書名ヨミ ウミ ノ ジュウジロ ノ コウリュウシ : オウベイ ニ ホンロウサレタ トウナン アジア
書名別名 Umi no jujiro no koryushi
出版元 勁草書房
刊行年月 2006.1
ページ数 241, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4326653124
NCID BA75293072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20979987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想