天体の図像学 : 西洋美術に描かれた宇宙

藤田治彦 著

古代ギリシア・ローマから20世紀モダン・アートに至るまで、ヨーロッパだけでなく西アジアや新大陸までを視野に置きつつ、太陽・月・星・地球などの天体が、絵画や彫刻などにどのように描き表わされてきたかを、200点以上の豊富な図版でたどり、独自の鋭い視点で考察する。著者渾身の刺激に満ちた新しい美術史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代ギリシア・ローマの天体
  • 第2章 磔刑像の天体
  • 第3章 聖母像の宇宙
  • 第4章 初期ネーデルラント絵画の天体
  • 第5章 宗教改革と対抗宗教改革の日月
  • 第6章 新大陸の太陽・月・星
  • 第7章 太陽の画家と月の画家
  • 第8章 十八世紀「科学の時代」の天体
  • 第9章 十九世紀「産業の時代」の太陽と月
  • 第10章 二十世紀 新しい天体の風景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天体の図像学 : 西洋美術に描かれた宇宙
著作者等 藤田 治彦
書名ヨミ テンタイ ノ ズゾウガク : セイヨウ ビジュツ ニ エガカレタ ウチュウ
書名別名 Tentai no zuzogaku
出版元 八坂書房
刊行年月 2006.1
ページ数 291, 8p
大きさ 23cm
ISBN 4896948653
NCID BA7524469X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21043682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想