源氏物語宇治十帖の企て

関根賢司 編

宇治十帖の新地平を拓き、『源氏物語』研究を再活性化するために、研究史を整理し、論点を洗い出し、物語を分析し、さらに今後の方向性を展望する。37篇のテーマ論文によって詳細かつ尖鋭な考察を試みるとともに、「研究文献目録」や「系図」「梗概」「さくいん」をも備えた、総勢41名の執筆者からなる充実の1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 宇治十帖の問題系(宇治への視座-物語の「場」前史
  • 「俗/聖」八の宮-恋と道心と中心の無効化
  • 父‐母‐子の幻想-聖家族の「心の闇」
  • 六条院/二条院/三条宮 ほか)
  • 2 宇治十帖の係争点(宇治十帖前史
  • 匂宮三帖の世界-竹河巻を中心に
  • 続篇作者異聞-『花鳥余情』から計量文献学まで
  • 宇治の橋姫の詩学 ほか)
  • 3 宇治十帖研究文献目録-一九九一‐二〇〇四

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語宇治十帖の企て
著作者等 関根 賢司
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ウジ ジュウジョウ ノ クワダテ
シリーズ名 源氏物語
出版元 おうふう
刊行年月 2005.12
ページ数 414p
大きさ 22cm
ISBN 4273034182
NCID BA75233285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20961271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想