日中一〇〇年史 : 二つの近代を問い直す

丸川哲史 著

古来、特に近代に入ってから、日本と中国との関係について悩み苦しむ両国の知識人たちの姿がありました。私たちは、そんな彼らが歴史の中で遺したものを放棄して生きるわけにはいきません。本書では、過去およそ一〇〇年間、彼らが互いの国(及びそこに映し出される自国の姿)に対してどのように悩んできたか、その葛藤のプロセスが綴られています。そして、私たちが中国という隣国とつきあう際に、そのような「悩み」から絶対に逃れられないことを、日本と中国とのここ一〇〇年の、苛烈でもあり、また疎遠でもあるという、極めて複雑な関係を考えることによって示そうとしています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本と中国の近代化
  • 第1章 明治維新と辛亥革命
  • 第2章 反日運動とアジア主義
  • 第3章 十五年戦争の終わりと「終わらない」戦争
  • 第4章 毛沢東の戦争観
  • 第5章 植民地としての台湾
  • 第6章 知識人たちの戦中、そして戦後
  • 第7章 日中台、それぞれの冷戦
  • 終章 日中国交回復で何が「回復」されたのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中一〇〇年史 : 二つの近代を問い直す
著作者等 丸川 哲史
書名ヨミ ニッチュウ ヒャクネンシ : フタツ ノ キンダイ オ トイナオス
書名別名 Nicchu hyakunenshi
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2006.1
ページ数 241p
大きさ 18cm
ISBN 4334033385
NCID BA75228809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20970691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想