企業倫理をどう問うか : グローバル化時代のCSR

梅田徹 著

耐震強度偽装、有価証券報告書の虚偽記載、リコール隠しなど企業不祥事が止まらない。利益追求に奔走する企業につける薬はあるのか。盛んに行なわれている社会貢献活動に企業が真剣に取り組むのはなぜか。グローバリゼーションの影を克服し、持続可能な発展を可能とするために企業は環境、人権、貧困など地球的課題の克服に力を注いでいる。また、企業行動に大きな関心をもつようになった国連も、CSRの重要性を認めて、「グローバル・コンパクト」を立ち上げた。このイニシアティブは果たして成功するのか、成功させるには何が必要か。さらに、市民にも企業行動をウォッチするなど果たすべき役割がある。企業倫理、グローバル・コンパクトに詳しい気鋭の研究者による、問題提起の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 企業倫理が問われる時代
  • 第1章 「企業の社会的責任」はどう考えられてきたか
  • 第2章 「企業の社会的責任」とは何か
  • 第3章 CSRを推進するさまざまな力
  • 第4章 多国籍企業の責任をどう問うか
  • 第5章 製品ができる源流まで溯る-サプライチェーンにおけるCSR
  • 第6章 グローバル・コンパクトは世界を変えられるか
  • 第7章 グローバル・コンパクトに向けて動き出した企業
  • エピローグ CSRをブームで終わらせないために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業倫理をどう問うか : グローバル化時代のCSR
著作者等 梅田 徹
書名ヨミ キギョウ リンリ オ ドウ トウカ : グローバルカ ジダイ ノ CSR
書名別名 Kigyo rinri o do toka
シリーズ名 NHKブックス 1051
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2006.1
ページ数 243p
大きさ 19cm
ISBN 4140910518
NCID BA75191505
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20978946
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想