図書館の発見

前川恒雄, 石井敦 著

今、図書館の前にはかつてない大きな壁が立ち塞がり、その基本をも揺るがせようとしている。それはいったい何であろうか。一貫して日本の図書館の理論と実践を先導してきた著者たちが、まず、何のために図書館はあるのかを説き、豊富な実例を歴史的に、また現代の動向として提示しながら問題点を探り、これからの進むべき道筋を示した問題提起の書。旧版『図書館の発見』を全面改稿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代の図書館
  • 第2章 図書館は何をするところか
  • 第3章 本はどのように選ばれるか
  • 第4章 図書館は建物ではない
  • 第5章 なぜ司書か
  • 第6章 図書館の歩み
  • 第7章 これからの図書館

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図書館の発見
著作者等 前川 恒雄
石井 敦
書名ヨミ トショカン ノ ハッケン
書名別名 Toshokan no hakken
シリーズ名 NHKブックス 1050
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2006.1
版表示 新版.
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 414091050X
NCID BA7519082X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20972387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想